おくとの人生旅日記

"旅" をこよなく愛する大学生。 国際ボランティアをしながら世界を放浪。 ホームレスになってアメリカ横断したり、インド縦断したり、ケニアで教育支援をしたり。時には "象使い" になってみたり。 挑戦し続ける人生を。 旅の魅力を日々配信中…

シンガポール

【世界ぶらり一人旅】2か国目、シンガポールへ。

投稿日:2019-11-15 更新日:

こんにちは、おくとです。

3か月間滞在したフィリピン・セブ島を発ち、

2か国目、シンガポールへ向かいます。

相変わらずの無計画さですが、

せめてこれくらいはと思い

シンガポール初日の宿は事前に予約しておきました。

それでは、いってみましょー!

セブ島を発つ

f:id:okuto-blog:20191115160925j:plain

空港で撮ったセブ最後の写真。

初海外で降り立った地での3か月間が終わる。

感慨深いものがありました。

「セブ島を旅のはじまりの地に選んで良かった。」

そう思いながら、沈む夕日を見つめていました。

f:id:okuto-blog:20191115021155j:plain

飛行機から見たセブ島。

飛び立つ時にはすっかり夜になっていました。

初海外での飛行機でアクシデントに見舞われた記憶が蘇ります。笑

不安を抱えながらシンガポールへ向かうのでした。

シンガポール入国【空港タクシーの罠】

無事シンガポールにつきました!

入国審査もフィリンピンで経験しているので今回は楽ちんです。

空港でWi-Fiをゲットし

宿までの道を調べますが、

さすが大都会シンガポール!

ルートがありすぎて良く分かりません。笑

到着が深夜だったこともあり、電車も動いてなさそうでした。

で、けっきょく空港タクシーを使うことに。

「セブ島の空港タクシーはそんなに値段しなかったので大丈夫でしょ!」

あますぎました。笑

走りだすと共にぐんぐん値段が上がるメーター。

けっきょく宿につく頃には

30$(約3300円)くらいになり大損失。

20$(約2200円)の宿(シンガポールでは安宿)をとっていたのに

交通費のほうが高いって。。。

貧乏バックパッカーにとっては大きな痛手です。

この後のシンガポール旅がハードになった瞬間でした。笑

「もう空港タクシーは2度と利用しない!!」

と誓うのでした。

f:id:okuto-blog:20191115023218j:plain
ぐんぐん値段が上がるメーターを見ながら悔し紛れに撮った一枚

シンガポール人英語上手すぎ問題

宿に着き、チェックイン手続きをします。

「○!※□◇#△!」

あー、久しぶりだなこの感覚。

初海外の初日、フィリピンの空港で体験した時と同じです。

「なーに言ってんだろこの人。。?」

セブ島の3か月間で英語に慣れたはずだったのに

ここでは全く通用しませんでした。

「いや、ほんとシンガポール人英語上手すぎぃいい!!」

軽くショックを受けながらも

適当にその場をやり過ごすのでした。笑

次回へ

今回は、写真少なめの投稿でスミマセン。

次回からは、

貧乏バックパッカーのシンガポール旅をお届けします。笑

ではでは

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします(^^ゞ
やる気が出ます!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

『読者登録』をポチってもらえるととっても喜びます!
↓ ↓ ↓

-シンガポール

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【世界三大がっかりスポット】マーライオンを見にシンガポール貧乏徒歩旅。

こんにちは、おくとです。 シンガポールに着き一夜が明け、 町を散策してみることにしました。 シンガポールの特徴は なんといっても物価が高い!笑 ペットボトルの水を買うだけでも300円ちかくします。 昨 …

【世界ぶらり一人旅3カ国目】微笑みの国、タイへ入国。

こんにちは、おくとです。 前回の続きを書いていきます。 www.okuto-blog.com →前回の記事はこちら シンガポールを発ち 世界ぶらり一人旅3カ国目である “タイ” …

【多種多様な文化圏が共存する街】シンガポールをぶらり散策する旅。

こんにちは、おくとです。 前回の続きです。 www.okuto-blog.com  →前回の記事はこちら 貧乏バックパッカーのシンガポール旅第二弾。 やっていきましょー! シンガポールの街を …

【シンガポールのシンボル】マリーナベイサンズを巡る旅。

こんにちは、おくとです。   前回の続きを書いていきます。 www.okuto-blog.com  →前回の記事はこちら 今回は、 いまやシンガポールのシンボルとなっている &#8 …